京都でタクシードライバーになるなら正社員を目指そう

正社員雇用は何が違うのか

正社員とは、企業と契約する事で、就業規程に定められた定年まで雇用し続ける義務が発生している状態になります。それを「無期雇用」と呼ばれ、不祥事を起こしたり、自分の意志で退職しない限りは、定年まで働くことができます。

正社員雇用と派遣雇用を比較してみよう

定年まで働くことができる正社員

正社員は定年まで働くことができるメリットがあります。また、会社の規定に則って、手当を受けることも可能となります。また、契約条件の見直しなどで昇給などもあり、年に数回のボーナスや退職金なども支給されます。

人材会社を仲介して働く派遣社員

派遣社員は、人材派遣会社からスタッフとして、企業で働く形になります。その為、個人と企業との契約ではなく、企業と派遣会社との契約になります。また、「このスタッフは何年間派遣する」などの決定権が人材派遣会社にあるため、どういった形態で契約を結ぶかは、人材派遣会社にあります。

京都でタクシードライバーになるなら正社員を目指そう

ハンドルを持つ男性

正社員になると待遇も変わってくる

正社員は他のアルバイトや契約社員と違い、無期雇用で働くことができます。そのため、会社側も長い目で待遇を見ていることが多くあります。たとえば京都のタクシー会社などは、定年制度が無い事を利用して、正社員ドライバーは40代や50代でもなることが可能です。それは、多くのスタッフに正社員のチャンスを与えることで、長く勤務してもらうためとも言われています。

求人の殆どが正社員雇用の仕事

全国には多くの求人が出されています。その雇用形態は、正社員の他にアルバイトや契約社員などがありますが、雇用形態の殆どが正社員雇用となっている仕事があります。それは「秘書」の仕事になります。多くの秘書求人は、経験者を優先に募集しています。そのため、アルバイトや契約社員で下積みを積む必要がないため、多くが正社員雇用を取り入れています。

秘書の仕事はどんなことをしているのか

TVドラマなどでよく目にするのが「社長秘書」と呼ばれる秘書業務です。主に社長などの後ろにスタンバイして、スケジュールや来客の対応などのイメージが持たれています。実際の業務内容は、このスケジュール管理や来客対応の他に、書類作成や国内外の出張の手続きなど、事務仕事も行なっています。表に出ることもあれば、裏方で黙々と業務をこなすことも、秘書の役目と言われています。

派遣から正社員になるまでの流れ

派遣会社に登録して仕事を紹介してもらう

派遣会社に登録する際に、軽い面接を行います。この面接で、自分の得意な業種や苦手な業種を伝えることで、自分に合った仕事を紹介してもらうことができます。また、過去の職歴も照らし合わせるため、履歴書を持参してもらうケースが多いです。

雇用条件を確認してから業務スタート

派遣会社から仕事を紹介してもらったら、まずは雇用条件をきちんと確認しましょう。給料の面もそうですが、勤務先や交通手段、業務内容を確認し、納得がいく条件で業務を開始させる必要があります。企業によっては、交通費の負担をしない場合もありますので、その点も注意しましょう。

派遣期間満了までに派遣会社から意思確認がくる

紹介された企業で働きながら、満了が近づいてくると、派遣会社から連絡がきます。このまま派遣での業務を続けるかの連絡もあれば、直接雇用を行いますかという意思確認を行なってくる場合もあります。自分に合った業務だと思えるならば、この時に正社員雇用への意思を伝えておきましょう。

双方の合意が得られれば満了後に正式採用

派遣スタッフと企業の双方で合意を確認できた場合、満期終了後に派遣会社から正式採用の連絡があります。この連絡を受けた後、企業側との直接の契約となります。そのため、派遣社員としてではなく、「企業の正社員」として業務を続けることになります。

広告募集中